機械式時計豆知識?長く使い続けるコツは?

Posted on

機械式時計は電池要らずの腕時計

腕時計は大きく分けると電池が必要なクォーツ式と電池が要らない機械式時計に分ける事が出来ます。機械式時計は電池が要らないので電池交換が不要で便利だと感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、機械式時計はゼンマイを使っている事、ゼンマイは金属製の板バネで、巻き上げるとそれが元の状態に戻ろうとする性質があります。この性質を利用したのが機械式時計のメカニズムです。ゼンマイは定期的に巻いておけば歯車を回して時刻を表示出来ますが、ゼンマイが元の状態に戻ったままで放置してしまうと伸び切った状態になり、正しい時間を表示出来なくなってしまいます。クォーツ式の場合は電池を入れておけば電子回路が動いて時刻を表示、機械式時計は使ってあげる事が状態を維持するコツに繋がるのです。

手動巻きと自動巻きの違いについて

機械式時計のゼンマイは持ち主が自ら巻く手動巻きタイプ、腕に装着しているとゼンマイを腕の動きで巻き上げる自動巻きの2タイプがあります。手動巻きは竜頭を引っ張る、竜頭のネジを回転させるなどでゼンマイを巻く事が出来ます。これに対して自動巻きは自動的にゼンマイを巻くので手間いらずなどのイメージを持つ人も多いと言えましょう。自動巻きは内部にローターと呼ぶ部品が内蔵してあるのが特徴で、機械式時計をはめた腕を動かすとローターが回転、この回転力でゼンマイを巻き上げる仕組みを持ちます。タンスの引き出しの中にしまい込んだままにしていても自動巻きの場合はゼンマイを巻く事が出来ません。そのため、機械式時計を長く使い続けるコツは自動巻きでは腕に装着してゼンマイを巻いてあげる、手動巻きは毎日同じ時刻にゼンマイを巻く事です。

グランドセイコーは、熟練の職人による国内製造にこだわっており、精巧なパーツや優れたデザインなどから高い人気があります。