5つの針の時計はどう見る?日本で買える超有名ブランド!!

Posted on

5つの針がある時計はどうやって時間を知るか

一般的な時計は3つの針があります。長針と短針、そして秒針です。中には秒針を省略しているものもあります。今の時間を知るには長針と短針だけで充分かもしれません。針の先に文字盤があり、何時何分を指しているかで時間を見ます。これが一般的な時計です。でも中には見ただけでは何時何分かが分からない時計もあります。ある時計は針と文字盤が5つあります。中心に一つ、そして四隅に一つずつあります。中心の部分で分を見て、四隅の部分で時間を見るようになっています。左上が9時から12時まで、右上が12時から3時まで、右下が3時から6時まで、左下が6時から9時までを表示するようになっています。慣れればわかるのでしょうが、パッと見た瞬間は何時か見るのに苦労しそうです。

海外のメーカーのようで日本のメーカー

時計のメーカーには老舗の有名メーカーもあれば、新しいメーカーもあります。どのメーカーを選ぶかは購入する人の自由です。デザインで選んだり機能で選んだりする人もいるでしょう。ある人気のある海外メーカーがあり、普通に買うと数十万円から数百万円するものもあるようです。とても一般の人は購入できません。でもその時計に似た時計であれば購入できるかもしれません。ある日本の時計メーカーが、有名な海外メーカーに似せた時計を作って話題になっています。あくまでも似ているのであって、模造品や偽造などではありません。メーカー名を見れば日本のメーカー名が書かれています。ただ名称が似ているので、ぱっと見は超高級時計のように見えるかもしれません。

ロレックスは、一つ数十万円以上する高級な腕時計です。性能はもちろん、アクセサリーのような外観に定評があります。